入居する際の決め手|マンションで業者を利用して受けられるサービス

コンテンツ

傷や汚れを

マンションなどでは、床がフローリングのことが多いでしょう。フローリングは綺麗ですが、痛みやすくもあります。そこで、フロアコーティングを行なう方が増加傾向にあります。

詳細を読む

トイレトラブルを防ぐ

毎日使用するトイレですから、ある日突然トラブルが起こってしまう場合があります。トイレのトラブルの際には、対応できるトラブルとできないトラブルがあります。対応出来ない様なトラブルを招かないために予防方法を知りましょう。

詳細を読む

フロアをコーティング

照明の取替工事をご検討されてる方はコチラにおまかせしましょう。あらゆるニーズに応えてくれるので、とても頼りになりますよ。

快適な生活を送りたいと考えていませんか?そんなときは名古屋でリフォームを行ないましょう。専門業者がいるので気軽に相談できます。

マンションのフロアコーティング

マンションのフロアコーティングは、マンションに入居する際の決め手になることがあります。また仮に入居しても赤ちゃんやペットなどが住むことによりフロアコーティングを行う必要に迫られることもあります。フローリングは木で出来ていますので、当然住み続けているうちに劣化しています。ワックスなどでできた傷を消すことはできます。しかしワックスをかける際には年に数回は定期的に行う必要があります。またワックスがけを隅々まで行うには手間がどうしてもかかってしまう問題点があります。ですので、ワックスがけのデメリットを克服するためにフロアコーティングが欠かせない存在となっています。フロアコーティングを行う際に支払う価格は間取りの大きさにより変わってきますが、30平方メートルあたりで10万円から20万円強くらいとなっています。ウレタンコーティングであればコストは抑えられますが、コーティングの寿命が5年から10年ほどとなっており短めです。住んでいるマンションにどのくらい住むかでどのタイプのコーティングにするかを決めるのが良い方法です。

フローリング保護の歴史

フローリングの保護目的として挙げられる方法はワックスがけとフロアコーティングの2つがありますが、先にワックスが登場しています。1950年代は油性ワックスが使われていましたが、60年代に入ると水性ワックスが主流となりました。施工性がよく仕上がりがきれいなことが人気でした。ただし水性ワックスは取れやすいことが欠点として挙げられ、長期のマンション暮らしなどをする際には問題点の一つでした。こうして耐久性を上げる目的で開発されたのがフロアのコーティング技術です。2000年代あたりからなのでまだそれほど古くに確立されたわけではありません。当初はシリコンによるコーティングが主流でした。水分だけではなく薬品などにも徐々に耐性が出てくるようになりましたが、経年劣化により歩行することでその部分が白くなるなどの問題点はありました。現在主流となっているフロアコーティングはガラスコーティングです。ガラスコーティングの特徴としては傷などにとにかく強い上に落ち着いた仕上がりであることが人気を呼んでいます。さらに現在は技術が進んだガラスコーティングも誕生しています。

劣化してきた畳の張替えはコチラの専門スタッフにおまかせしましょう。相見積もりもOKですよ。仕上がりもとても綺麗です。

騒音トラブルを防ぐ

近年、マンションなどでは騒音によるトラブルが相次いでいます。そこで、自分でもしっかりと騒音対策を行なっていく必要があるのです。気軽に購入できるようなものから防音工事まで対策は様々です。

詳細を読む

カビを防ぐために

水周りはカビが発生しやすい環境が整っています。そのため、気を付けていてもカビが発生してしまう場合があります。そのため、防カビコーティングを行なうことが求められる場合があります。

詳細を読む

張り替えることで

椅子は長年使用しているとカバーなどが傷んでしまい使用することができなくなりますが、傷んだカバーを張り替えすることでまた利用することが出来るようになるので張り替えを行なって利用しましょう。

詳細を読む

オススメリンク

↑ PAGE TOP